清塚ミュージアム
HOME - 清塚ミュージアム

清塚ミュージアム

所在地 〒503-1593 岐阜県不破郡関ケ原町2067
株式会社関ケ原製作所内
予約方法 当美術館は完全予約制にて運営しています。
観覧希望の方は、電話、FAX、葉書にて「せきがはら生活美術館」にお申し込みください。

せきがはら生活美術館
TEL:0584-43-1212
FAX:0584-43-1929
交通
電車でお越しの方
  • 名古屋→関ケ原‥‥約40分 JR東海道線特別快速(米原・大垣行)
  • 米原→関ケ原‥‥約20分 JR東海道本線新快速(豊橋・大垣行)
  • ※JR関ケ原駅より徒歩15分
お車でお越しの方
  • 関ケ原ICから国道365号線を長浜方面へ左側に関ケ原製作所が見えてきますので、守衛にて来館の旨お伝え下さい。
  • ※名神高速道路関ケ原ICより車で5分

清塚紀子
1968年東京芸術大学大学院油絵専攻を修了。同年から1972年まで東京芸術大学で、77年 からは東京造形大学で版画を教えている。2002年から2006年まで愛知県立芸術大学教授。 1966年第30回新制作協会展に油絵を出品。1968年には同展で新作家賞を受賞するが、同時に制作を進めてい た版画に活動の重点を移し、70年第7回東京国際版画ビエンナーレ展出品、71年第39回日本版画協会展で会友賞を受賞。1972年第4回クラコウ国際版 画ビエンナーレ展、第3回フィレンツェ国際版画ビエンナーレ展、76年第1回西太平洋国際版画ビエンナーレ展などに出品し国際的に活動の場を広げている。 1976年第12回現代日本美術展で東京国立近代美術館賞を受賞するなど受賞歴も多い。銅版画の様々な技法を用いてイメージを合成する作風から、1970 年代前半に幾何学的表現を導入し、さらに鉛箔の上にプリントして物質感を強調した表現や、コンデンサーやチューブを付着させるなど意欲的に新しい表現を探求している。 また挿画などの仕事も多数。